風俗でまさかのコンジローマ!すぐに探したアルダラクリーム

コンジローマの原因

コンジローマという言葉は聞いたことありますでしょうか。

コンジローマというと、尖圭コンジローマという性感染症のことを指します。
ヒト乳頭腫ウイルス (HPV)に性行為、またはまれに公衆浴場で感染することにより、感染した部分にイボができる男女問わずに発症しうる病気です。
性行為によって感染することからも分かるように発生場所は性器やその周辺(足の付け根付近に及ぶ)に多いのですが、まれに口唇にもできます。

症状としては、先程も記載したようにイボができるのですが、イボの形状に特徴があり鳥の鶏冠のようなカリフラワーのようなちょとボツボツとしたものができます。また、それが大きくなる若しくは周辺に増えていくような形で広がっていきます。
また、痛みがないことからもあまり気にせずそのまま放置してしまうことも多かったり、治ったかなと思ってもまた再発していたりと、一度かかるとなかなか完治しないという特徴も持ち合わせています。

このHPVですが、良性と悪性があり、良性の場合はこのイボの原因となるだけなのですが、悪性の場合は子宮頸がんの原因となってしまう為、特に女性にとっては注意すべき症状と言っても過言ではありません。

またこの感染症は、ウィルスに潜伏期間があることから、すぐに発症する場合もあれば、数か月後に発症する場合もあります。
その為、パートナーが発症しているが、自分には発症していないという場合でも、間違いなく感染している可能性が高いため、病院に見てもらうなりしてもらった方が良いと言えるでしょう。

治療方法としては、イボの除去が必要になる為外科的な治療若しくは軟膏などの外部薬での治療が行われます。
先程もお伝えしたように、治ったかと思っても再発する、病原菌が取り切れていないという可能性もある為、3か月ほど経緯を見守り、外部薬を処方された場合は、医師の指示に従って暫く塗り続ける必要が出てくるかもしれません。

いずれにせよ、特に女性にとっては大きな病気のとっかかりかもしれない為、何かしら異常を感じたら婦人科に行ってみてもらうことが賢明と言えるでしょう。